読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニティダンスはこんなことをします

 

ふりかえり、です。


ちゃんとこういうことをつたなくとも記録をしようと思ったので記す、よ。

 

-------------------------

 

7月24日の午後。


レイチェルのダンスワークショップのオープンデイに参加してきました。

 

前の演劇のワークショップのオープンデイがかなり楽しかったので、今回も楽しみにしてました。

 

もう私をどんどんがつがつ出していこう、そういう心意気!


ひとつひとつのワークも、全力で取り組んですっきりできればいいなあって、そんな気持ち。

 

そんなんでの参加ですが、最近やっとああいった場に緊張せずに行けたり、自分のことを表現するのは楽しい!と思いはじめたと感じてる。

 

いや、前から、かな?

 

もともとエチュードや即興は大好きで、覚悟が決まればどんどんいったるぜ!猪突猛進タイプな私。

 

そういえば、なんでエチュードは好きなんだろ?


てか、普段臨機応変は苦手とか自分で言ってるけれど、それって逆じゃね?と自問自答してる。


まっいっか。とにかく好き。

 

でもきっと、安心してるからこそ、楽しめてるんだろなあ。


それは深くうなずける。

 

 

ワークはだるまさんが転んだや彫刻だったり、歩行と演劇をしてた頃の馴染みあるワークがたくさん。

 

特に最初にやった相手と手を離さないで踊る?くるくる回る?引っ張ったり?するワークが私個人では印象的で。

 

はじめてやった学生のころ、怖くて思いっきり引っ張りあうのが出来なかったんだけども、今回はがっつりと出来ました。

 

当時、相手を信頼してこそ引っ張れると聞いた。

 

どちらかが遠慮して力を弱くすれば、バランスが崩れてしまうし、相手との信頼関係が大切だと。

 

だから、きっとこの人なら全力で返してくれる、と信頼できることが相手と心が通い合ってるような気がしてうれしかった。


 
それから、ふりかえりのダンスで気がついたのだけど、ひとりでできるダンスやワークが本当に少ないこと少ないこと。

 

ふたりだったり、さんにんだったり、みんなだったり、ひとりとみんなだったり。

 

ひとりでも、どこか周りや相手を意識している。


誰かがいる。

 

その時に、私はみんなとダンスをするとともに、4時間コミュニケーションをとっていたのかも、と気づかされたのでした。

 

そして、信頼してる?

 

これって、すごいなあ。


本当一般的に考えられるダンスと全然違うんだもの!


にやにやにや〜

 

そして、みんなのワークをみるのも楽しかったな。


個人的にうわあああ、と足をジタバタしたくなっちゃう瞬間もあったりして。


ふつくしい・・・。

 

ちなみに終わってみたら、ヘロヘロで、おしりに根っこが生えて、しばらく立ちたくなかった(笑)


体力と筋力つけたい!

 

おわり。

 

水族館とお寿司と遊びと

 

爽やかな気持ちです。

 

土曜日曜と、久しぶりに大学時代の友人とハメを外して遊んできました。


おかげで今、ココロがすっきり元気です。


うみの杜水族館とうまい鮨勘に行ってきました。

 

 

はじめてのうみの杜水族館。


きれいな魚やペンギン、クラゲをみたり、松島の水族館ではなかった生物の展示もあってすごく楽しめました!


大きい水槽ではエサの時間とぶつかり、迫力いっぱいの魚の群れをみれて興奮しました。


おみやげコーナーでは、チンアナゴのぬいぐるみを買いました、いえーい!

 

 

生まれてはじめて回らない寿司で食べました。


まじうまい、まじうまい!


水族館でもおいしそうだったサーモンを食べまくりました(笑)


お金が心配でお腹いっぱい食べれなかったけれど、回らない寿司を食べてる現実ににやにやしながら食べました。

 

 

あとは家でまったり。


4時近くまで起きて、次の日はお昼ごはんを食べて解散しました。

 

 

なーんかこの2人とは、大学卒業とともに関係が途絶えるかなと真面目に思ってたので、まじありがてえ!と思いながら帰路につくのでした。

 

 

また元気で集まれますように。


今日からの生活もまた頑張らねば、節約します!

 

 

私にとっての単純作業


だいすきです。

 

ここのところ、ボランティアで福祉施設の発送作業をしてるのだけど、私って単純作業が大好きだなと思ったりしてます。

 

なぜなら、ひとつは結果がすぐ生まれて分かりやすいこと。

 

短期集中タイプの私にとって、これくらいやったんだとすぐ実感できることは、やる気を持続してくれやめられないのです。

 

ふたつめは、考えごとにふけれること。

 

手を動かしながら、あんなことそんなことに考えを飛ばすことができるのです。

 

たとえば今日は、今週末の演劇部のあつまりで何をしようかな、どうしたら盛り上がるかななんて考えてました。

 

そして気づけば!結果の山!

 

これはやめられないワケだ!

 

 

今日の死ぬかと思ったお話し

 

おはなし、少し汚いです。
 

今朝、妙に気持ち悪い、おなかがゴロゴロすると思いながらトイレにいったところ体調が急変しました。

 

上は、おぼろろろろ。
下は、ぴーぴーぴー。
汗は、だくだくだく。

 

これはもしや食あたりなのかなと思いつつ、サーと身体がどんどんと冷たくなってきて。

 

さすがに危機感がつのり、助けをもとめることを考えるように。

 

でもこんな時にかぎって、携帯が手元にない!近く人がいない!
という悲しい現実。

 

とりあえず携帯と思い、なんとか身体を動かしトイレから脱出してみました。

 

その後、何事もなかったかのように良くなり、病院にも行かずに過ごしました。


でも何がいけないのか分からず、粗末にしてごめんなさいと思いつつ昨日の夕ごはんの残りをすべて捨てました。

 

で、母にさっきこのことを電話したところ・・・

 

「あんたまな板や包丁、ちゃんと消毒してる?この時期危ないからね?」

 




 



 

わたし、最近面倒で、適当に水洗いしてたんですけどーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

 

そりゃこうなるはずだ、と。
早速洗って熱湯消毒しようと思います。

 

身をもって学びました。
これから気をつけます。


正直もうあんなことはこりごりっすよ・・・。

踊りざんまい、寿司ざんまい!

 


はなうたを歌いたい気分です。

 

今日はオドリノタネからダンス幼稚園に行ってきたよ。

 

オドリノタネは、うごきまねっこ大会でした。

 

子どもたちの動きのまねっこをしたのだけど、なかなか大変!

 

歩くのはまだしも、四つんばい、ほふく前進となるとなかなか。

 

四つんばいは身体が硬くて思ったように伸びなかったり、筋肉がプルプルして思うようにポーズをキープ出来なかったよう。

 

子どもたちは軽々とやってしまうから見逃しがちだけど、身体のいろんなところを柔らかく使っているんだなあ、すごいパワーだなあと思っちゃいました。

 

なんで大人になっちゃうと出来なくなっちゃうのかなあ・・・不思議だなあってとも思ったのでした。

 

 

午後からはダンス幼稚園。


すんぷちょもなんとか間に合ったし、前から見たかったアロムライナーさんを観れたりしてよかったなあ。

 

はじめて行ったけれど、ひとりでも楽しめました!

 

朝からまさに踊り三昧な日なのでした。

 

 

アメリカの銃乱射事件で思うこと

 


かなしいです。

 

アメリカの銃乱射事件のこと。

 

殺された家族のことを考えると、かける言葉がなくなってしまう。

 

きっと深い悲しみに明け暮れていることだろう。

 

私は、アメリカの銃社会の知識は全くといっていいほどないのだけど、そういった事件は頻度が多くなってきたなあという印象はもつ。

 

やはりイスラム国の影響が大きく、アメリカが標的にされやすいのかもしれない。

 

それで、こういうニュースを読むと犯人のことを異常者だ、という人がいるけどいつも違和感を感じざるをえない。

 

こんなことする可能性がある人なんて世の中にはゴロゴロいると思う。

 

なんでこんな事件を起こしてしまったのか、防ぐことはできなかったのか。

 

犯人に異常性のレッテルを貼って、今起きている社会の歪みに目をそらすなといいたい。

 

それに、犯人は兵器をつくる会社にいた?だからこんなことをした?

 

兵器をつくることは私は反対だけど、兵器を作ってる人たちを侮辱しているじゃないの、それ。

 

イスラム国に忠誠を誓った人が、たまたま兵器を作ってただけでしょう。

 

私はそう考えるけれど、どうなんだろうねえ。

 

争い、なくなってほしいよ。

 

悲しむ人が多くなるだけよ。

 

平和に生きたい。

 

 

久しぶりに読んだ本をすこし深く理解できたよ

 


ドキドキです。

 

久しぶりにユマニチュードの本を引っ張りだし、読み返してみたよ。


少し読むだけで、はじめて読んだ時には気付けなかったことがたくさん気づくことができた。

 

「優しく付き添っているだけでは、よいケアとはいえない」
「誰かをケアするときに中心にあるのは、その人やその人の病気でなく、わたしとその人の絆です」

 

本のところどころにでてくるイヴさんのコメントがユマニチュードの核心を分かりやすく説明してくれる。

 

それを読んでいくたびに、「あ、私はユマニチュードのこと、さっぱり理解してなかった」と痛感させられた。

 

まずひとつは、相手との関係をよくし、お互い気持ちよくケアするされることを目指す技術の本だと理解できなかったこと。

 

人の感想を読み、こういうもんだ、と上辺の知識で固定させていたこと。

 

私はこの技術がどういうものなのか本当に理解しきれてなかったと思う。

 

(今も理解しきれていないけれど、もっと理解してなかった)

 

その絆を深めるための手段として、「話す」「見る」「触れる」「立つ」の説明に入っていくのだ。

 

なるほどなるほど。

 

そして、理解してなかったからこそ、相手との関係をよくすることばかりに気を取られていた。

 

そのため、その先にある相手にあったケアのレベルを見極めることをしていなかったのである。

 

おそらくそれが一番大切なこと。

 

そして、その見極めが一番難しいのだ。

 

あー奥がいろいろと深いのね。

 

ますます分からなくなってきたけれど、やっと自分の言葉で理解できてうれしい。

 

今読み始めたばかり、もっと調べを深めるぞ。