読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカの銃乱射事件で思うこと

 


かなしいです。

 

アメリカの銃乱射事件のこと。

 

殺された家族のことを考えると、かける言葉がなくなってしまう。

 

きっと深い悲しみに明け暮れていることだろう。

 

私は、アメリカの銃社会の知識は全くといっていいほどないのだけど、そういった事件は頻度が多くなってきたなあという印象はもつ。

 

やはりイスラム国の影響が大きく、アメリカが標的にされやすいのかもしれない。

 

それで、こういうニュースを読むと犯人のことを異常者だ、という人がいるけどいつも違和感を感じざるをえない。

 

こんなことする可能性がある人なんて世の中にはゴロゴロいると思う。

 

なんでこんな事件を起こしてしまったのか、防ぐことはできなかったのか。

 

犯人に異常性のレッテルを貼って、今起きている社会の歪みに目をそらすなといいたい。

 

それに、犯人は兵器をつくる会社にいた?だからこんなことをした?

 

兵器をつくることは私は反対だけど、兵器を作ってる人たちを侮辱しているじゃないの、それ。

 

イスラム国に忠誠を誓った人が、たまたま兵器を作ってただけでしょう。

 

私はそう考えるけれど、どうなんだろうねえ。

 

争い、なくなってほしいよ。

 

悲しむ人が多くなるだけよ。

 

平和に生きたい。